レザー

【手作り】素人・個人でも簡単無料!作品の販売や出店ができるサービス10選【副業】

easy-and-free-for-amateurs-and-individuals-10-sites-where-you-can-sell-and-open-stores

今より少しでも収入を増やしたい!!

日々そう思って過ごしていませんか?

多くの人は給料以外の収入を得ようと思った場合、アルバイトから始める方が多いと思います。

しかし、アルバイトの場合

  • 拘束時間がある
  • 収入が時給制で上がりにくい
  • 好きな仕事に就けるとは限らない

など、収入を増やすことができる反面デメリットもあります。

せっかく副業をするなら好きなことを仕事にしたくないですか?

この記事では

ハンドメイドで物を作る技術を持っている方に向けて

素人でも簡単に出品・出店できるアプリ・サイトをジャンル別に紹介します!

下記で紹介するサービスは全て無料から利用できるので、初心者の作家さんが販売を始めるのにオススメのものになっています。

各カテゴリーごとのメリットデメリットも記載しましたので、自分がどのように商品を売っていきたいかを考え、目指す方向性から適切なものを選んでみてください。

ジャンル別のオススメとしては

  • フリマアプリmercari(メルカリ)
  • ハンドメイドマーケットminne(ミンネ)
  • ネットショップ作成サービスBASE(ベイス)

市場規模が大きく集客力があるので売上を上げやすいので良いと思いますが、

結論:できる限り全てのサービスに出品して、一番結果が出たサイトで売る!!

方法が一番オススメです!

一番手軽!サイトに出品するだけのフリマアプリ

フリマアプリを使うメリット・デメリット

easy-and-free-for-amateurs-and-individuals-10-sites-where-you-can-sell-and-open-stores

メリット

とにかく簡単で手軽に利用できます!

アプリに利用登録し、商品ページを作成するだけで販売を開始できます。

基本的にアプリを通しての取引となるので、金銭トラブルなど個人間の取引でよくあるトラブルにもなりにくいです。

また利用者も多いため、需要を満たす商品であれば売れるのも早いです。

こだわった作品や高額品よりも安価で手軽な作品の販売を考えている方が初めて出品する場合にオススメです。

デメリット

基本的にフリマアプリは中古品販売の印象が強いです。

客層的にはハンドメイド作品よりも既存ブランドを安く欲しいといったニーズが高いことと、値下げ交渉があることも特徴です。

なので、本格的に作品を販売していくというよりも、まずは試しに作品を販売してみたいといった方はフリマアプリの利用を検討してみてください。

本格的に継続してハンドメイド作品を売って行きたいと思っている方の場合は、

ハンドメイドマーケットアプリかショップ開設をオススメします。

mercari(メルカリ)

公式HP:メルカリ

フリマアプリの中で圧倒的に知名度が高いメルカリ。

10代〜30代の女性が多く利用しており、会員数も他のフリマアプリと比べてかなり多いのが特徴で、2020年末には累計出品数が20億品を突破しています。

ハンドメイドカテゴリーもあり、作家さんも気軽に出品できます。

メルペイユーザーの場合は売上金を手数料無料でメルペイにチャージして利用することもできます。

また、あとよろメルカリ便」といった商品の保管、梱包、発送を行ってくれるサービスも2020年12月よりスタートし、より手軽になりました。

公式HP参照:あとよろメルカリ便

利用料一覧

会員登録・月額利用料

○会員登録

¥0

○月額利用料

¥0

出品・販売手数料

○出品手数料

¥0

○販売手数料

10%

振込・引出し手数料

○振込手数料

なし(お急ぎ振込の場合¥200)

○売上金引出し手数料

¥200

公式HP参照:メルカリガイド>利用料

ラクマ

公式HP:ラクマ(旧フリル)

メルカリに次ぐフリマアプリの代表格。

ラクマもメルカリ同様女性利用者が多くハンドメイドカテゴリーがあるためメルカリと似た立ち位置になっています。

ラクマの運営元は楽天で、売上金は楽天キャッシュとして手数料無料でチャージすることができるので、

そのままラクマの商品を購入したり楽天市場楽天ペイなどで利用することも可能です。

なので、楽天経済圏で生活されている方の場合はラクマをオススメします。

また、提携企業が行っている出品販売代行サービス「ラクまるっと」では、箱に詰めて送るだけで全てを代行してくれます。

公式HP:おまかせ出品代行「ラクまるっと」 – ラクマ

利用料一覧

会員登録・月額利用料

○会員登録

¥0

○月額利用料

¥0

出品・販売手数料

○出品手数料

¥0

○販売手数料

6%+税

振込・引出し手数料

○振込手数料

楽天銀行の場合

¥10,000以上の場合:¥0

¥9,999以下の場合:¥210

その他の金融機関の場合 

金額問わず一律:¥210

○引出し手数料

¥0

公式HP参照:ラクマを使うのにお金はかかりますか?

ヤフオク!

公式HP:ヤフオク! – 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ

フリマというよりもオークションという認識が高いヤフオク。

しかし、ハンドメイド品の出品も多く値が競り上がる可能性もあるので選択肢の1つとしてオススメです。

出品方法はフリマ出品、オークション出品の2種類があり、競りではなく決めた価格で売りたい場合はフリマ出品となります。

メルカリ、ラクマと比べて特に男性の利用が多いサイトなので、客層に合わせて出品してみてください。

利用料一覧

会員登録・月額利用料

○会員登録

¥0

○月額利用料

¥0

出品・販売手数料

○出品手数料

¥0

○販売(落札)手数料

プレミアム会員の場合:8.8%(税込)

プレミアム会員以外:10%(税込)

※特定のカテゴリに出品する場合やその他利用料など別途かかる場合があります。

振込・引出し手数料

○振込手数料

ジャパンネット銀行口座への振込の場合:¥0

その他の金融機関の場合:¥100

○引出し手数料

¥0

公式HP参照:

ご利用料金

出品者に掛かる利用料

売上金を受取口座へ振り込む(現金で振込)

作家としてデビューしたい!ハンドメイドマーケット

ハンドメイドマーケットに出品するメリット・デメリット

easy-and-free-for-amateurs-and-individuals-10-sites-where-you-can-sell-and-open-stores

メリット

ハンドメイド品に特化したハンドメイドマーケットは客層と出品物がマッチしているため本格的に作家活動をする方にオススメです。

またサイトを作るなどの手間もなく、フリマアプリ同様基本的に出品するだけで販売を始めることが可能なので、初めて販売をする方でもハードルが低いのが特徴です。

さらに、作家として名前を上げるのにもハンドメイドマーケットは適しており、サイト自体が集客もしてくれるので、

そこから顧客を掴み自身のショッピングサイトを作る、または独立するなど次の展開に繋ぎやすいので、初心者がハンドメイド作品販売を始めるのに一番適しているといえます。

デメリット

ハンドメイド作品が多く集まるマーケットのため全体的に作品のクオリティが高く、競合のレベルが高くなります。

また、競合が多いことに伴い価格設定も難しく、適正な価格設定が求められることになります。

もし安価で手軽な作品の販売の販売の場合はフリマアプリを

素材やクオリティにこだわった作品の場合はサイト開設も考えてみてください。

minne(ミンネ)

公式HP:21万名の作家さんによる260万点の作品が集まる国内最大級のハンドメイドマーケット≪minne(ミンネ)≫

オンラインハンドメイドマーケット筆頭のミンネはその中でもユーザー数がトップクラスに多く、20代〜30代の女性利用者が多いのが特徴です。

作家が直接出品、販売する方法の他に、代理の方に出品を代行してもらう方法のもあり、作品作りに集中したい方は代理出品者と組んでミンネに出品することもできます。

また、minne LABといったシェアスペースの運営も行っており、作家同士の交流や作品撮影のスタジオとしての利用が可能など、作家支援活動もしています。

市場規模が大きいので、ハンドメイドマーケットを利用する際はまずミンネから出品して様子を見ることをオススメします。

利用料一覧

会員登録・月額利用料

○会員登録

¥0

○月額利用料

¥0

出品・販売手数料

○出品手数料

¥0

○販売手数料

9.6%

振込・引出し手数料

○振込手数料

¥220

○売上金引出し手数料

¥0

公式HP参照:

minneで売りたい

よくある質問

Creema(クリーマ)

公式HP:Creema(クリーマ)

ミンネに次ぐ市場規模のクリーマ。

ミンネ同様女性利用者が多く、20代〜40代が中心となっています。

通常のオンラインマーケット以外に、常設店舗のCreema Storeへの出品やハンドメイドジャパンフェスなどの大規模イベントなども開催しており、作家支援活動もしっかりと行っています。

また、Creema SPRINGSといったクラウドファンディングサービスも行っており、

ハンドメイドを事業にしたいけどお金がない!といった方でも作家デビューしやすい環境作りを行っています。

利用料一覧

会員登録・月額利用料

○会員登録

¥0

○月額利用料

¥0

出品・販売手数料

○出品手数料

¥0

○販売手数料

作品や素材の販売:10%+税

フード販売:14%+税

台湾、香港サイトでの販売:決済総額に対しての20%+1取引に対して手数料¥40+税

振込・引出し手数料

○振込手数料

合計金額30,000円未満の場合:¥176
合計金額30,000円以上の場合:¥275

(ジャパンネット銀行の場合一律:¥55)

※スピード振込を申請する場合は別途3.56%の手数料がかかります

○売上金引出し手数料

¥0

公式HP参照:

出店プランについて

売上のお受け取りについて

スピード振込について

iichi(イイチ)

公式HP:iichi | ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販

他社と比べクオリティが高めの製品が並ぶハンドメイドマーケットで、プロ作家の登録者が多いサイト。

また、男性の利用者が比較的多いのも特徴です。

ミンネ同様代理出品が可能で、販売が苦手な方は代理人と組んで販売することも可能です。

男性ユーザーをターゲットとしている方や今後プロとして活動したい方、

またはプロの方が副業のファーストステップとして自身の製品のレベルを図るのに出品するのをオススメします。

さらに、自身で展示会やワークショップなどのお知らせをイイチで行うこともでき、イイチが主催するイベントや媒体への作品紹介など、作家支援活動も行っています。

利用料一覧

会員登録・月額利用料

○会員登録

¥0

○月額利用料

¥0

出品・販売手数料

○出品手数料

¥0

○販売手数料

作り手の場合:20%

繋ぎ手の場合:15%

振込・引出し手数料

○振込手数料

合計金額30,000円未満の場合:¥176
合計金額30,000円以上の場合:¥275

(ジャパンネット銀行の場合一律:¥55)

○売上金引出し手数料

¥0

公式HP参照:

iichiで作品を販売してみませんか?

出典や出品に伴う手数料、成約手数料について

売上を受け取る方法を教えて下さい

SHAREBASE MATCHING(シェアベースマッチング)

公式HP:シェアベースマッチング

作品を売る以外にイベントや体験プランなどの掲載もできるサイト。

副業や作家をやっている方よりも、イベント開催などができる個人事業主や企業と相性が良いサイトです。

もちろん作品だけを出品することもできますが、自社でワークショップ等イベントを開くことでより集客力や認知度が上がります。

集客はもちろんサイトでも行ってくれるので、イベント集客はサイトに任せて自身は作品作りに注力するなどいろいろな使い方ができそうです。

地域特有の埋もれていた体験や商品を掲載する!と謳っており、旅行者の集客を狙っている方にもオススメです。

利用料一覧

会員登録・月額利用料

○会員登録

¥0

○月額利用料

¥0

出品・販売手数料

○出品手数料

¥0

○販売手数料

10%

振込・引出し手数料

○振込手数料

あり(利用規約参照、具体的な金額の記載はなし)

○売上金引出し手数料

¥0

公式HP参照:

掲載希望の方

利用規約

目指すは独立!簡単ネットショップ作成サービス

ネットショップを開業するメリット・デメリット

easy-and-free-for-amateurs-and-individuals-10-sites-where-you-can-sell-and-open-stores

メリット

自社のサイトとして運用できるショップ開設は、軌道に乗ればブランディングや信頼性を獲得しやすいため、本格的にハンドメイド作品を量産している方や独立したい方にオススメです。

フリマアプリやハンドメイドマーケットと違い、競合の商品に埋もれる心配もなく自社の商品のみを売ることができるのが強みです。

どちらかというと、完全初心者よりもフリマアプリやハンドメイドマーケットなどで実績を作ってからやSNS運用をするなどの段階を踏み、見込み客を作ってからの開業がおすすめです。

デメリット

基本的な集客は運営者に任されるため、全く無名の作品を売る場合には軌道に乗るまでに時間がかかります。

しかし、もし資金力がある場合は広告を打つなどで対策は取れるので、ある程度の見込み客がある場合や資金がある方はショップ開設をする選択肢もあります。

以下で紹介するネットショップ作成サービスは無料から始められるものなので、比較的初心者でも手が出しやすくなっています。

自身の作品をしっかりブランディングして売っていきたい方は検討してみてください。

BASE(ベイス)

公式HP:無料でネットショップがはじめられる【BASE】

手軽に開業できるネットショップ作成サービスとして認知度が高いベイス。

自身のショップが作成できるだけでなく、出店するとベイスのショッピングアプリにも掲載されるので、

初めてネットショップ運用をする際に頭を悩ませる集客面もフォローしてくれる点が強みです。

また、Instagramのショッピング機能やTwitterFacebookLINEアメブロなどSNSとの連携も簡単なので、簡単に集客力も高められます。

また、足りない機能などはAppsの拡張機能をダウンロードするだけで好きに拡張できます。

印象的にはハンドメイドマーケットとネットショップの中間的な立ち位置で、全くの初心者がショップ開設をする場合に一番オススメです。

利用料一覧

会員登録・月額利用料

○会員登録

¥0

○月額利用料

¥0

出品・販売手数料

○出品手数料

なし

○販売(決済)手数料

3.6%+¥40+サービス手数料3%

振込・引出し手数料

○振込手数料

¥250+事務手数料¥500(振込額が¥20,000以上は事務手数料:¥0)

○売上金引出し手数料

¥0

公式ブログ参照:BASEでショップを運用するときにかかる費用まとめ

easy may shop(イージーマイショップ)

公式HP:カートボタンを貼るだけでホームページやブログがネットショップに早変わり【イージーマイショップ】

オーダーメイド商品、やセット販売、定期購入など、多様な販売方法に合わせて細かくショップをカスタマイズできるのが強みのネットショップ作成サービス。

ヤフー、グーグルショッピングやInstagram、Facebookショップとの連携なども可能で自分にあった販促を選べる他、

自身が運営しているHPやブログなどのサイトにカートボタンを追加することでネットショップとして運営することもできます。

ブログ運営者やオプションを付けるなどの特殊な販売方法をしたい方と相性がよいサービスです。

利用料一覧

会員登録・月額利用料

○会員登録(初期費用)

¥0〜

○月額利用料

¥0〜

出品・販売手数料

○出品手数料

無し

○販売手数料

イージーペイメント(サイトオリジナル決済システム)を利用した場合

無料版の場合:5%+¥40

有料版の場合:3.57%+¥40

利用しない場合

導入する決済システムに準ずる

振込・引出し手数料

○振込手数料

イージーペイメント利用時:一律¥250

(他決済システム利用時はそれに準ずる)

○売上金引出し手数料

¥0

公式HP参照:
プラン比較とご利用料金
月額固定費無料の決済サービス「イージーペイメント」

STORES(ストアーズ)

公式HP:驚くほど簡単にネットショップが作れる!【STORES】

販売方法や集客・販促システムが充実しているネットショップ作成サービス。

デザインテンプレートが多い点や販売手数料が他社と比べて安いことも強みの一つです。

予約販売、販売時期の設定、まとめ割引などニーズに合わせた販売設定ができ、Instagram、WEARnoteとの連携もできるなど販促機能も充実しています。

特にWEARとの連携ができる機能は他社にはあまりない機能なので、アパレル関係で作品販売を考えている方と相性が良いサービスです。

利用料一覧

会員登録・月額利用料

○会員登録

なし

○月額利用料

¥0〜

○出品・販売手数料

出品手数料

なし

○販売(決済)手数料

無料プランの場合:5%

有料プランの場合:3.6%

振込・引出し手数料

○振込手数料

¥275

○売上金引出し手数料

¥0

公式HP参照:料金プラン

初心者はとにかく出品してみよう!

以上簡単・無料で使えるサービス10選でしたが、

初心者にこれらのサイトをご紹介したのは低リスクで作品を販売できるので出品のハードルが低いからです。

会社を起こして本格的に生産を始める場合などでなければ初期投資にお金をかける必要はありません。

また、まず自身の作品が

  • どの客層に受けるのか
  • どの程度の価格が妥当なのか
  • どの程度反響があるのか

など、販売してみなければ分かりようのないことなので

まずは気楽に出品してみてください。

ジャンル別のオススメはmercari、minnne、BASE

各サービス紹介欄にも書きましたが、ジャンル別のオススメとして

  • フリマアプリmercari(メルカリ)
  • ハンドメイドマーケットminne(ミンネ)
  • ネットショップ作成サービスBASE(ベイス)

をオススメします。

理由としては市場規模が大きく集客力があるので一番売れやすいからです!

大体こういったサービスをオススメする場合は手数料が安いものからオススメする場合が多いのですが、

いくら手数料が割安だとしても売れなければなんのメリットもありません。

まずは売れる感覚を掴んでから自分にあったサービスに絞り込んでいってください。

余裕があるならば全てを利用して自身の作品にあったサービスを探そう!

上記でオススメは書きましたが、正直なところどのサービスが自身に合うかは売ってみなければわかりません。

各サービスによって客層も違うので、作品が売れない時に違うサービスも試してみるなどし自分にあったサービスを見つけてみてください。

この記事が少しでも作家さんの手助けに繋がれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

easy-and-free-for-amateurs-and-individuals-10-sites-where-you-can-sell-and-open-stores